nouvelle vague

バンドの自己紹介

try - 「はじめまして。リーダーのtryです。ライブではBassを担当しており、制作では作曲・編曲を担当しています。」

Ricca - 「ボーカルのRiccaです。作詞・作曲・編曲(ボーカルアレンジ)担当です。」

KOYAMA - 「KOYAMAです。ライブではKey担当で、制作では作曲・編曲・プログラミングを担当しています。」

バンド結成のいきさつ

try - 「まず、昨年11月末に、僕とKOYAMAが共通の友人を通して知り合いました。そして、ほぼ同時期に僕が Riccaとmuzieのメンバー募集欄(with9提携)を通して出会い、3人ユニットを組みたいがためにKOYAMAをメンバーに誘ったところ、「Vo.次第では、助っ人で手伝ってもいいかな」と、嫌々返事をされ、仕方なく会わせたところ、0.5秒後にユニット結成してました(笑)」

バンド名の由来について

try - 「「 nouvelle vague 」とは、フランス語で新しい波という意味。ゴダール好きなKOYAMAが提案し、映画好きの僕が了解して決まったユニット名にも関わらず、二人とも未だに同名の映画を見ていません。言うまでもなくRiccaも見てません(笑)。 」

初めて耳にする人に聴いてもらいたい曲は?

Ricca - 「「もしも今・・・」ですね。三人の色をうまく融合出来た曲だと思うし、やっぱり今はこれがヌーヴェの代表作だと思います。」

KOYAMA - 「やっぱり「もしも今・・・」ですかね。」

try - 「僕も「もしも今・・・」です。このユニットを結成して最初に生まれた曲であり、一番長く演奏している曲だからです。3人それぞれの個性が遺憾なく発揮されている楽曲なので、nouvelle vague を理解してもらうためには、この曲を一番最初に聴いてもらいたいと思います。というか、ユニットを結成して間もないので、聴ける段階まで完成させた曲はこれしかないんですけどね(笑)。
最近のライブで集計したアンケートによると、「時の神様」というセツナイカワイイ系の曲や、「最後の歌」というバラードも人気みたいです。それらの曲もできる限り早くmuzieにアップできればと思います。」

今までの音楽人生の中で影響を受けたアーティストは?

try - 「影響を受けたプロアーティストは、音楽的には小林武史さん、人間的にはTMNの木根尚登さんかな。小林武史さんの楽曲は、どれもハズレの無い気がします。まぁ、音楽の好みなんて人それぞれですけどね。将来は、木根尚登さんみたいな暖かみのある人間になりたいと思ってます。他には、以前対バンさせていただいたMAPE REEF。ライブパフォーマンスがとてもカッコよくて、一発でファンになっちゃいました。ファンキーなロックで、僕のツボにハマりました。毎回、ライブを見る度に勉強になります。あとは、KOYAMAとRiccaの二人からも影響を受けてますね。」

Ricca - 「私は、DreamsComeTrue,Misia,この二つのアーティストから受けた影響は多く、特に吉田美和さんは、私の歌の原点とも言えます。歌のうまさと表現力は尊敬に値するし、勉強にもなります。他には、小島麻由美・EGO-WRAPPIN・ capsule・セラニポージ・・・etc.、ジャズやピコピコpopも好きです。」

KOYAMA - 「坂本龍一・bjork・ヤン富田・arto lindsay・半野喜弘ですね。坂本龍一さんは、音楽の構築力とか、聴覚的な美しさに惹かれました。bjorkはもう宇宙ですね。歌ってるときに、宇宙が一つ、一つ、と作られている気がします。ヤン富田さんはHipHop人の側面、そして電子音楽家としての側面の両方が好きです。arto lindsayは切ない脱力感が良いですね。半野喜弘さんは世界観と感覚が好みです。」

現在活動中のアーティストで気になる存在は?

try - 「muzie登録アーティストではtkyngさん。最近は何やってるんですかね?アーティスト活動というよりも、あの人の生活が気になります(笑)プロの方では、自分達の音楽とは全然違うけど、wyolica・ミスチルなどが気になります。」

Ricca - 「Dizzy up the girls・MAPE REEF・Babeesです。」

try - 「Babeesさんは、10月10日に町田 the playhouseで対バンさせていただいたんですが、どうやらmuzieに登録されていたようです。奇遇ですね(笑)。」

KOYAMA - 「僕は、akihiro kubotaさん・nao tokuiさんですね。バンドだと対バンさせて貰ったバンド「Dizzy」(Dizzy up the girls)がお気に入りです。」

try - 「とりあえずメンバー3人共、以前対バンさせていただいたDizzy up the girlsというバンドが気になっています。近々アルバムも発売されるみたいですし。3人共それぞれが個人的にライブを見に行くくらい大ファンですね。」

自分たちの音楽で一番こだわっている部分は?

Ricca - 「人の心にすーっとしみこんで伝わる音楽と詞、そしてウタ、ですね。」

KOYAMA - 「それと、キャッチーでPopな、聴きやすいものを作ることを心がけています。」

try - 「あと、こだわりというよりも方針に近いと思いますが、3人それぞれがソロ活動を行い、各々の個性をユニットに持ち込むこと、ですね。たとえ自分の持っているものを100%持ち込めなくても、持ち込めなかったものをソロ活動で昇華できる、というのがソロ活動の良いところだと思います。バンドをやっていく上で、音楽性なんてものは100%合っていなくてもいいと思うんです。同じ音楽性の人が3人集まったところで、作られるものに変化はないですからね。僕達なんて、3人とも、バックボーン・好きなジャンル・好きなアーティストなどがバラバラです。 nouvelle vague の活動は、同じスタートから同じゴールを目指すのではなく、違うスタートから同じゴールを目指すという、ある種のコラボレーション的な活動かもしれません。」

今後の活動予定について。

try - 「今後はライブが多くなっていくと思いますので、合間を見つけながらレコーディングや作曲に精を出したいですね。あと、ただ流行りに乗るとかじゃなく、自分達の色を見つけつつ、様々な楽曲をユニット・ソロそれぞれでみなさんの前に提供し続けられたらいいなぁと思います。それと、「もしも今・・・」以外の曲は、まだ3人の個性が融合しきれていない部分が多々あるので、3人の色をもっとミックスして「nouvelle vague らしさ」というものを追求していきたいと思います。 」

PVについて

try - 「nouvelle vague を結成して、一番最初に出来た曲、『もしも今』のPVを撮ってるんですよ。 」

Ricca - 「そのPVの制作過程にはいろいろ面白いことがあったよね。」

KOYAMA - 「面白いことがね!いろいろ。例えば…」

try - 「撮影前、手に水をかけようと思ったら、全身にかけちゃいました。」

Ricca - 「そう。それで私はびしょ濡れになってしまい、その後撮影が出来なくなったのね。誰だよ水かけたの!(try君にひざアタック)」

KOYAMA - 「そうだよ。誰だよ、水かけたの!」

try - 「いや~、まさかね!(←犯人)」

KOYAMA - 「黒い服着てる人だっけ?」

Ricca - 「うん。」

try - 「いや、まさかね~?(←犯人)」

KOYAMA - 「変な帽子かぶってる奴でしょ?」

Ricca - 「うん。」

try - 「いや、まさか、まさか。(←犯人)」

KOYAMA - 「その人って、帽子とったら髪黒いよね。」

try - 「(苦笑いしながら帽子をとって自白。) 」

KOYAMA - 「あ~。いたいたいた(笑)。」

Ricca - 「PVは二人(koyama君とtry君)の大学で撮ったんだよね。よ」

try - 「そうだね。」

Ricca - 「そしたら、そんな大きなカメラで撮った訳じゃないんだけど…。 」

KOYAMA - 「『月9の撮影ですか!!』って言われた。(月9に)登場すんのはもうちょい先の話だね。ははは。」

try - 「『月9じゃないんですけれど、これはちょっとアーティストのプロモーションビデオを作成中でして』って言うと、その人『あっ!君たちのこと3年前に見たことある。』って・・・。」

KOYAMA - 「俺ら結成して何年!?」

try - 「半年。」

一同 - 「(笑)」

KOYAMA - 「半年前なのに、3年前に見られたらしいですよ。どこで見たんだろうんね?」

try - 「・・・。夢じゃん?」

nouvelle vague の駄目出し大会

KOYAMA - 「それでは、 nouvelle vague の駄目出し大会を始めましょうか。」

try - 「…あ、俺、最後でいいよ。」

KOYAMA - 「え~っ!!…一番多いから?」

try - 「うん。」

KOYAMA - 「あはは。じゃあ、まず俺から。koyama君の悪いくせ!」

Ricca - 「『リアルに』ってよく言うの。」

KOYAMA - 「悪い癖?『リアルに』って使うの?」

Ricca - 「うつった(笑)。」

KOYAMA - 「『リアルに焦った!』とか口癖なの。 」

try - 「koyama君は部屋がきたない 」

Ricca - 「そう!部屋がきたない!こないだちょっと私、(片付けを)手伝ったのね。」

KOYAMA - 「手伝ってもらわないと、ありゃ片づかんわ・・・。」

Ricca - 「あと、ご飯食べたらすぐ食器洗う!」

KOYAMA - 「はい。ごめんなさい。」

Ricca - 「(笑)」

KOYAMA - 「だってこれうちの親見るかもしんないんだよ?」

try - 「いいじゃん。」

KOYAMA - 「そんなこと言ったらやだよ~俺。『あんた~!』っつって電話かけてくるって…。」

try - 「じゃあ、ここまで。koyama 君終了~。」

KOYAMA - 「はい。」

try - 「つぎ、riccaの悪いくせ。」

Ricca - 「ricca?わるいとこあるかなぁ?」

try - 「時間にけっこういっぱいルーズだよね。」

KOYAMA - 「けっこう似たもの同士だからあまり言えないんだけどね。」

try - 「まあ、koyama君ちょっとルーズだけど、riccaちゃんけっこういっぱいルーズだよっ。」

Ricca - 「でも、私スタジオにはいつも一番乗りで来てるよ。」

KOYAMA - 「最近早いよね。」

try - 「まじで?」

Ricca - 「そうだよ。」

KOYAMA - 「おめ~が一番遅いんだよ!」

try - 「俺は今日、忘れ物したけどさ~。」」

KOYAMA - 「も~う、おっそいし、ベーシストなのに2週連続でストラップを忘れるという、おバカな!(笑)。 」

try - 「まあ、忘れ物と時間にルーズなのとは違うから。」

Ricca - 「じゃあ、忘れ物が多くてだめだねっ(女王様風)。」

KOYAMA - 「…このまま続けて、try君の駄目出し大会!」

一同 - 「いえ~い!!!」

KOYAMA - 「まず、部屋の中で帽子をかぶんない!」

try - 「(try君、帽子をとろうとする)」

KOYAMA - 「頭蒸れてはげるぞ!」

Ricca - 「頭むれるとはげるんだ~(笑)」

KOYAMA - 「あと忘れ物が多い。」

Ricca - 「あと背が高いでしょ?」

try - 「え。背高いのは悪いことなの?それ。ねえ、悪いことなの!?」

KOYAMA - 「いすに座るときに足の組み方が俺らと逆。あ、一緒だった(笑)。」

try - 「一緒じゃん!!」

Ricca - 「(笑)。あといじわる。」

KOYAMA - 「あ~。もうよく言われてるね~。」

Ricca - 「try君はちょ~意地悪。それでいつも私はkoyama君になぐさめてもらってるのね~。」

KOYAMA - 「うん。俺はちょ~やさしいから。前ラジオをとったときにアンケートを採りました。『try君が意地悪と思う人』。ざわ~(オーディエンスの挙手)。『koyama君が優しいと思う人』。ざわ~。(オーディエンスの挙手)。」

try - 「・・・・・・・。」

Ricca - 「(笑)」

KOYAMA - 「はい。へこんだ~。」

Ricca - 「元気出しなよ(肩をぽんぽん叩いて慰める)。」

try - 「俺、馬の耳に念仏だったから。今、馬になってたから…(聞かなかったことにしようと必死)。」

KOYAMA - 「うん。あとはなんだろ。」

try - 「おい、俺の多いな。」

KOYAMA - 「多いよ!当然当然!」

try - 「はい。終了~。カット!カット!」

一同 - 「(笑)」

バックナンバー


練馬放送インターネットラジオ「Neribro Music☆United!」で紹介する楽曲募集!

FMSUN BGM募集